高い看護サービスを提供するために活動を行っています

日本看護協会とはどんなところ?

日本看護協会(Japanese Nursing Association)は保健師、助産師、看護師、准看護師の有資格者による職の団体として1946年(昭和21年)に「よりよい看護の提供」を目的に社団法人として設立されました。現在では、60万人以上の看護職者が加入しており、全国47都道府県看護協会が法人会員として質の高い看護サービスを提供するための活動を行っています。

日本看護協会の主な事業には、安全な看護の提供と質の向上、政策の提言とその実現、在宅医療・訪問看護の推進・看護職への支援体制、生涯教育の推進、国際交流、広報活動があります。

医療が高度化する中、看護職による医療事故に対応し、また、医療事故防止を支援していることは臨床現場にとって大きな取り組みの一つになっています。また、独自に「看護職賠償責任保険制度」を確立し、会員が日々の業務に安心して取り組むことができるように保証制度を設けています。

また、国民の医療、保健、福祉を支える専門職として、国民が安心してサービスが受けられるように、現場の看護師などの意見を反映して、政府の審議会や検討会など政策決定の場に参画して提言を行っています。

在宅医療・訪問看護の推進は、在宅ケアや訪問看護の普及・向上のための調査研究・研修、サービスの質の評価などを日本訪問看護振興財団、全国訪問看護事業協会と共同で行っています。日本看護協会自身でも訪問看護ステーションを開設しています。

働く看護師への支援体制として、賃金、シフトワーク、長時間勤務、危険な職場環境などの課題に取り組み、看護職が安心して職務に従事できるように関係省庁に要望や提言を行っています。

他にも、国際看護師協会(ICN)、国際助産師連盟に加盟し、支援活動や情報交換などの国際活動も行っています。広報活動も活発に行い、「看護の日」のPR活動などのイベントを全国自治体や保健医療福祉関係者と協力をして開催しています。

↑ PAGE TOP