アレルギー科で働く看護師の仕事内容とは?

アレルギー科での看護師の仕事とは

近年、アレルギー症状で悩む人が増えています。アレルギーは重症化したり、状況によっては亡くなることもある大変な病気です。これに伴い、アレルギー科を設置する病院も増えてきています。目や耳、のどや鼻、皮膚など複数の器官に異常が現れるアレルギー症状をまとめて診療することができるアレルギー科はとても重要な診療科となっています。

では、アレルギー科で働く看護師さんはどのような仕事をしているのでしょうか。

アレルギー疾患の治療の基本は、内服、点鼻、目薬、吸入などの処置と原因物質を避けるための生活指導となります。看護師は患者さんの受付や案内、診療の補助、処置、生活指導やカウンセリングを行います。症状が重い場合や特定の検査が必要な場合は入院治療となるため、入院設備がある病院の場合は、病棟勤務や夜勤の勤務もあります。

近年では、原因物質に対して免疫を作る減感作療法や、手術によって症状の緩和を目指すこともあり、看護師は新しい知識やスキルを身に着けていかなければいけません。

慢性的な症状だけではなく、急に強い症状が現れたり、アナフィラキシーなどで生死にかかわることもあります。このような状況でも症状を見極め、すばやく必要な処置をするのがアレルギー科の看護師の重要な役割です。また、患者さんや家族の心のケアも大切です。アレルギー治療は長期間にわたります。

症状のつらさやケアの大変さは経験者でないと分からないものです。精神的なケアを忘れず、症状や生活での注意点について真摯に指導をすることで信頼関係を築いておくことも看護師の役割です。

アレルギー疾患の増加に伴って、次々に新しい治療技術が導入されており、これらを用いた治療をサポートしなければいけません。さまざまな治療法を知ることで看護師としてのスキルアップを期待することができます。

デメリットとしては、アレルギーの症状はなんらかの原因で急に発作が起きたり、呼吸困難になるなど急変に注意をしてなければいけません。集中力を欠かすことができず、緊張感になれない間は疲れがたまってしまいます。

↑ PAGE TOP