看護師転職

看護師転職でストレスの状況は良くなる?

今の職場に不満があり、それを何とかしたいと考えているのであれば転職という方法もあります。ただ、自分が職場の悩みとして抱えている問題が本当に転職で良くなるのかどうか考えておきましょう。

例えば、人間関係の問題に悩んでいるという方もいますよね。 これは非常に多い問題ではありますが、今の職場環境から逃れるために転職という選択を取る方も多いです。

ですが、人間関係を理由にして転職を考えている方は、それが転職では解決しない可能性についても考えておかなければなりません。
保育園看護師の給料はどのくらい?

確かに周りにいるメンバーは変わりますが、看護師という仕事は非常にたくさんの人と協力しながら過ごさなければなりませんよね。そんな中で新しい職場にそりの合わない人がいないと限りません。人間関係に悩んでいるのであれば、まずは自分自身にも何らかの問題がないか考えてみましょう。
国立病院機構 三重病院

そもそも、看護師のようにたくさんの方と触れ合う仕事をしている場合、その中に気の合わない人がいるのは当然なのです。これはたとえ転職をしたとしても変わりません。

まずは今のままで状況を変えられないか考えてみると良いですね。どうしても苦手だからつい無視してしまう同僚がいる場合、明るく話しかけることから始めてみるのも良いでしょう。挨拶をするだけでもお互いの印象は変わってくるはずです。

ただ、精神的に追い詰められるくらい状況がひどくなっているのならば、転職を検討することをおすすめします。ここで注意しなければならないのが、環境が悪くなったら転職するということを繰り返してしまうと、転職が癖になってしまうということ。

少しでも嫌な事があったらすぐに転職…と繰り返してしまうと、転職活動は非常に難しいものになってしまいます。そのような状態になると、本当に合わない職場に出会ってしまった時に次の職場への転職が難しくなってしまうこともあるでしょう。

まずは自分に合った職を探すためにも転職支援サイトに登録すると良いですね。 そこでコンサルタントに協力をしてもらいながら本当に自分に適している職場探しをしましょう。

看護師が転職をするメリット

転職といえばあまり良くないイメージを持っている方も多いかと思いますが、転職をしたことによって人生がより良いものになったという方もいるのです。転職をする大きなメリットといえば、何といってもそれだけで状況を大きく変えられるということでしょう。

例えば、給料について不満を感じているという方も多いですよね。 同じ職場で給料アップを目指そうと思っているのであれば、新たに資格を取得したり、勤務日数を増やすなどの対応を取らなければなりません。

ですが、給料が高めに設定されている職場に転職をすれば、今と同じような働き方でも高い給料が得られるでしょう。

他に、人間関係に悩みを抱えている看護師もたくさんいますが、転職をするだけで人間関係は全く違うものになります。もちろん、新しい職場は100%人間関係が良いとは言い切れませんが、今の職場にどうしても合わない人がいるという場合には転職をすることが最良の対策だといえるかもしれませんよね。

看護師という職業では夜勤が必須となっているところも多いです。ですが、夜勤があると体調を崩しやすいだけでなく、ライフスタイルが充実できないという方もいるはず。 だからといって、夜勤がある職場で自分だけ夜勤をしないわけにはいきません。

そんな時は夜勤自体がない職場に転職をすれば悩みが解決できます。こういったメリットを重視して職場探しをする際には、本当にそのメリットを得られるのかどうか事前に確認しておくことが大切です。例えば、夜勤のない職場に転職したものの、毎日ひどい残業があったということになっては意味がありませんよね。

今の職場よりも給料が高いところを選んだものの、求人票に記載されている給料は様々な手当を含んだものであり、総合的に考えると前の職場の方が給料が高かったというケースもあります。

他にも求人票に記載されている通りの休みがもらえなかったというトラブルもあるので、転職支援サイトのコンサルタントなどから話をよく聞いて本当に自分に合った職場はどこなのかチェックした上で転職活動をしましょう。

看護師が転職をするデメリット

転職活動することで自分にとっての職場環境が大きく変わります。ですが、思い切って転職したものの、失敗してしまったという方もいるのです。転職は必ずしも成功するわけではないというのは非常に大きなデメリットだといえるでしょう。

特に問題なのが、転職をした後と前を比較したところ、転職前の方が条件がよかったというケースです。誰でも転職をする際には今の職場に不満を感じていることがあるはず。それを解消するために転職をするわけですよね。それなのにその不満がさらに膨らんでしまったら意味がありません。

中でも多いのが給料に関することです。今の職場の給料に不満を感じて給料が良いところに転職をしたものの、実際にもらえた金額は前の職場よりも少なかったというケースがあります。

こういったケースでは、手当や残業代が含まれた金額を参考にして職場選びをしてしまった際に起こりやすいので、求人票に書かれている給料は手当などが含まれていない金額なのかどうかを確認することが大切です。

それから、給料は良くなったものの、あまりにも忙しすぎてついていけなかったというケースもあります。好条件の職場に転職しようと思っている方は本当に自分がその職場でやっていける実力を持っているのかも考えた上で転職活動をしましょう。

また、夜勤に関する失敗例もあります。看護師の職場の中には必ず夜勤が含まれるところもあるのですが、そういった職場でも求人票には「夜勤なしでも可」と書かれていることがあるのです。

それに魅力を感じて転職したとしても、いざ働き始めてみるとどうしても夜勤をしなければならないような環境が出来上がっていたり、周りに気を遣ってしまうために結局夜勤をすることになったケースもあるのです。

今の職場になにか悩みを抱えている方は、転職すればそれだけで自分の仕事環境が良くなると考えてしまうかもしれません。ですが、このように失敗してしまった時のことも考え、慎重に転職活動をしましょう。

このページの先頭へ